藤井研究室ホームページへようこそ

新着情報
2017年9月4日
学会等予定

◎藤井研究室は、2017年4月より「寄附研究部門:バイオ材料・計測工学」に生まれ変わりました。

担当教員:藤井敏弘(特任教授)、廣瀬圭(特任准教授)、学部内の協力教員、他

研究支援推進員:伊藤弓子、林香

所在地:今までと同じ、信州大学繊維学部(上田キャンパス)内にあります。


◎予定している具体的な研究内容:

★化学的な応答性を持ち、機械的刺激に耐えられるフィルムの作製と活用

★触覚フォースプレートを用いた疑似皮膚への実用化に関する研究

★代替毛髪用ケラチンフィルムの汎用化、情報発信活動、委託試験の実施

★低コスト・高品質・安定供給に耐えうるケラチンフィルムの製造に関する研究

★新規ケラチンフィルムの創出とその活用に関する研究

★生体におけるケラチンとケラチンフィルムの構造に関する基礎研究

★毛髪に加え、羊毛や羽毛由来のケラチンの利用に関する研究

★大学、医療・薬剤メーカーなどとの共同研究


◎従来までと変わらず、下記のサービスは実施しております。

★各種ケラチンフィルムの提供

★毛髪/羊毛などのタンパク質関連製品の試作と提供

★委託試験(カルボニル形成試験、パーマ試験、染色と退色試験、他)

★その他


---------------------------------------------------

当ホームページでは、2つのテーマで藤井研究室の研究を紹介します。

1:具体的なセルフリサイクルとは何か? その製品は? 社会に必要か?

2:発想の再転換から生まれた出口戦略と実用


藤井研究室ホームページへへようこそ