新井研究室 信州大学繊維学部 応用生物科学科 生物資源・環境科学課程

本文へジャンプ

小林君の研究コンセプトデザインが JACS 137 (35) 2015 の表紙に採用!




新井研究室は「タンパク質を見る、調べる、創る、使う研究室」であり、天然タンパク質の構造や機能の理解を深めて、有用な改変・融合・人工タンパク質を設計・開発・応用する研究を行っています。

・タンパク質を見る:主にX線結晶構造解析法を用いてタンパク質の立体構造を解明しています。
・タンパク質を調べる:様々な生化学的手法を用いてタンパク質の詳細な機能を調べています。
・タンパク質を創る:改変・融合・人工タンパク質をデザイン・創製する研究を行っています。
・タンパク質を使う:様々な有用タンパク質を開発し、応用を目指す研究を行っています。

新井研ニュース

2017年11月14日13:00より信州大学上田キャンパスにて第2回CFMDシンポジウムを開催!
・「次代を拓く!菌類・微生物ダイナミズム」(詳細はCFMDホームページ御参照)
  参加費無料(ポスターPDF)

日本生物工学会中部支部第6回CHUBU懇話会で講演!
・2017年9月29日に長野市で新井准教授が招待講演(詳細案内HP)
 「人工タンパク質ナノブロックによる超分子複合体ナノ構造の創出」

CFMD超分子複合体部門研修合宿に参加しました!
・2017年9月21日〜22日 教育学部附属志賀自然教育研究施設にて(詳細はCFMDのHPへ)
 新井研からは、学生4名と教員1名が参加し、研究紹介や交流を深め、お互いに良い刺激を得ました。

第17回リング・チューブ超分子研究会シンポジウムで招待講演!
・2017年6月10日に北海道大学で新井准教授が招待講演(シンポジウムHP)
 「人工タンパク質ナノブロック(PN-Block)による自己組織化超分子ナノ構造複合体の創出」

Journal of Bioscience and Bioengineeringの編集委員に就任!
  2017年6月より新井准教授がJBB (日本生物工学会英文誌)のAssociate Editorを務めます
 バイオテクノロジーの発展につながるバイオサイエンスやバイオエンジニアリング関連のご研究について、ご投稿をお待ちしております(Impact Factor: 2.240)
・Journal of Bioscience and Bioengineering(生物工学会HP)

・Journal of Bioscience and Bioengineering(ELSEVIER HP)

Okazaki Conference 2017 on Grand Challenges in Small-angle Scattering で講演!
・2017年3月20日に岡崎コンファレンスセンターで新井准教授が講演(シンポジウムプログラムHP)
Self-assembling supramolecular nanostructures created from de novo protein nanobuilding blocks

日本化学会第97春季年会で特別企画講演!
・2017年3月16日に日本化学会第97春季年会(慶応大・日吉)で新井准教授が講演(年会HP)
  特別企画講演(1S7-10) 「
タンパク質ナノブロックによる動的秩序構造形成」

2017年3月8日13:00より信州大・長野(工学)キャンパスにて、CFMD主催・研究交流ワークショップを開催!

・「信州発!菌類・微生物×化学のコラボダイナミズム創発に向けて」(詳細プログラム案内HP)
  参加費無料・登録不要
(ポスターPDF)

11th Annual Symposium on Nanobiotechnology 2017で招待講演!
・2017年2月28日に川崎市産業振興会館で新井准教授が講演(シンポジウム案内HP)
  講演タイトル「
Self-assembling supramolecular nanostructures created from de novo protein nanobuilding blocks

人工タンパク質複合体に関する英語総説論文がCurr. Opi. Biotech.誌に掲載! 2017.2.1
・信州大学ホームページにトピックス記事が掲載 2017.2.15
・菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター(CMFD)のHPにトピックス記事が掲載 2017.2.14
 Kobayashi, N., Arai, R.* Design and construction of self-assembling supramolecular protein complexes using artificial and fusion proteins as nanoscale building blocks. Current Opinion in Biotechnology. 46, 57-65 (2017).

・Link to free download of this article until March 23, 2017.

富山大学H28年度第3回テニュアトラックセミナー(化学系)で招待講演!
・2017年2月3日に富山大学理学部で新井准教授が講演しました(富山大HP)
  講演タイトル「人工タンパク質ナノブロック(PN-Block)による自己組織化超分子ナノ構造複合体の創製: “ネオバイオ分子”創出へ向けて」

信州大学菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター・キックオフシンポジウムが開催!
・2016年12月22日に信州大学農学部30番教室で開催致しました。
 新井准教授が超分子複合体部門長として講演しました!

木村尚弥君(M2)が第39回日本分子生物学会年会で優秀ポスター賞を受賞! 2016.12.1
 受賞演題「蛋白質ナノブロック用超安定化人工蛋白質SUWA (Super WA20)の特性解析及び構造解析」
・信州大学繊維学部HPに記事が掲載 2016.12.13
 本当におめでとうございます!!

信州大学菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター(CMFD)が発足! 2016.10.1

・信州大学次代クラスター研究センターの1つとして設置されました。
 新井准教授が「超分子複合体部門」の部門長として参画します!

小林直也研究員が日本生物工学会中部支部長賞を受賞! 2016.8.5
 受賞研究「人工蛋白質ナノブロックの設計開発による自己組織化超分子ナノ構造複合体の創出」
・2016年度日本生物工学会 中部支部例会(名古屋大)にて
 大変おめでとうございます!!

小林直也研究員が日本蛋白質科学会2016年度若手奨励賞を受賞! 2016.6.8
 受賞研究「人工蛋白質ナノブロックの設計開発による自己組織化超分子ナノ構造複合体の創出」
・学会Webサイト:第16回日本蛋白質科学会年会(福岡)若手賞の報告
信州大学先鋭領域融合研究群のWebサイトにトピックス記事が掲載 2016.6.17
 大変素晴らしい成果です!本当におめでとうございます!!

新井亮一助教が准教授に昇進! 2016.6.1
 これまで御指導御鞭撻頂いた先生方や、新井研の学生・OB&OGの皆様の御力添え御協力のおかげでありまして、心より感謝申し上げます。今後も日々努力を重ねて教育研究に邁進致します。
 (新井亮一)
・参考Webサイト:信州大学繊維学部応用生物科学科教員リスト

小林直也研究員の研究がChem-Stationでスポットライトリサーチとして紹介! 2016.4.28
 ケムステ スポットライトリサーチ「人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る」
・参考サイト:日本最大の化学ポータルサイト「Chem-Station」(ケムステ)

新井亮一助教が科研費新学術領域「動的秩序と機能」公募研究(代表者)に採択! 2016.4.1
 
研究課題「人工蛋白質ナノブロック自己組織化超分子複合体の構造機能解析と動的秩序系設計構築」
・参考情報:新学術領域「生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現」HP
 新学術領域への貢献を目指して、新井研は今年度もバリバリ頑張ります!

小林直也君(D3)がPF研究会「徹底討論!小角散乱の魅力〜基礎・応用・産業利用」で招待講演! 2016.3.31
 演題「二量体形成新規人工タンパク質を用いた蛋白質ナノブロック(PN-Block)による
     自己組織化ナノ構造複合体の創製」(要旨PDF)

・参考情報:PF研究会HP

小林直也君(D3)が日本蛋白質科学会2016年度若手奨励賞の受賞決定! 2016.3.16
 受賞研究「人工蛋白質ナノブロックの設計開発による自己組織化超分子ナノ構造複合体の創出」
 第16回日本蛋白質科学会(6/8福岡)の若手奨励賞シンポジウムで受賞研究について招待講演致します。
・第16回日本蛋白質科学会シンポジウムプログラム 
 地方大の学生の受賞は快挙とも言えるような特に素晴らしい成果です!
 大変おめでとうございます!!

新井亮一助教が理研シンポジウム: 第11回理研「バイオものづくり」シンポジウムで招待講演! 2016.3.4
 演題「人工タンパク質ナノブロック(PN-Block)による自己組織化超分子ナノ構造の創出」
・参考情報:理研シンポジウムポスター(PDF)

木村尚弥君(M1)が分子生物学会・生化学会合同大会BMB2015で若手優秀発表賞を受賞! 2016.1.19
 受賞演題「分子間フォールディング二量体超安定化人工タンパク質 Super WA20 (SUWA) の創製」
・信州大学繊維学部おしらせWebサイト 2016.1.19
 本当におめでとうございます!!

人工タンパク質ナノブロックにより多様な自己組織化ナノ構造の創出に成功
〜ナノテクノロジー・合成生物学研究等に貢献するナノブロック「分子技術」を開発〜

 米国化学会誌Journal of the American Chemical Society (JACS) 論文掲載! 2015.9.9
 特に注目の論文としてJACS Spotlights及びJACS表紙デザイン(右上図)に採用!
 研究成果プレスリリース(報道機関向け説明資料カラー版PDF 923KB) 2015.9.14
 信州大学先鋭領域融合研究群のWebサイトにトピックスが掲載 2015.9.14
 マイナビニュースBIGLOBEニュース等に関連記事が掲載 2015.9.14
 信濃毎日新聞(9月15日付)及び信毎Webに関連記事が掲載 2015.9.15
 高エネ研(KEK)物構研トピックスに関連記事が掲載 2015.9.16
 小林直也君(D3)を中心とした長年の共同研究の会心の成果です。
 大変おめでとうございます!!

水生昆虫トビケラシルクの新規タンパク質遺伝子の発見及び解析に成功!
〜信州産有用生物資源“ざざむしシルク”のバイオ・医工学分野への応用が期待〜
 研究成果プレスリリース(報道機関向け説明資料カラー版PDF) 2015.8.31
 国際学術専門誌Biochemical and Biophysical Research Communicationsに論文掲載

 信濃毎日新聞(9/1朝刊)及び信毎Webに「ざざむしシルク」発見の記事が掲載 2015.9.1
 信州大学繊維学部Webサイトにお知らせが掲載 2015.9.1
 信州大学先鋭領域融合研究群のWebサイトにトピックスが掲載 2015.9.3
 中日新聞(9/5)及び中日新聞Webにも関連記事が掲載 2015.9.5
 白雪さん(2014修士修了生)、坂口真代さん(2015学部卒業生)ら「水生プロ」グループの長年の共同研究の成果です。
 本当におめでとうございます!!

新井亮一助教が平成26年度酵素工学奨励賞を受賞! 2015.4.24
受賞業績「配列パターンデザインによる新規人工設計タンパク質の半合理的創製と構造解析およびナノ構造構築への応用」
・信州大学繊維学部おしらせWebページ 2015.4.30
・酵素工学奨励賞受賞講演要旨(PDF) 2015.4.24(@大阪府大)
・酵素工学研究会Webページ

半田雅憲君(M2) が第15回国際生化学・分子生物学連合会議でポスター賞受賞! 2014.10.26
受賞演題「Development of intrinsically-disordered region peptides bound to mSin3B PAH1 domain using pattern-designed peptide libraries」
・信州大学繊維学部おしらせWebページ 2014.10.27

半田雅憲君(M2) が日本生物高分子学会優秀発表賞を受賞! 2014.9.13
受賞演題「Development of intrinsically-disordered region peptides bound to mSin3B PAH1 domain using pattern-designed peptide libraries」
・信州大学繊維学部おしらせWebページ 2014.9.16

おめでとうございます!!


JACS_cover